動画の画面のサイズについて解説してみます。
上のスマートフォンの写真をご覧いただきますと横長、正方形、縦長と3種類の画面のサイズがございます。
実はこの3種類の動画の画面のサイズをケースバイケースで使い分ける必要があるのです。
主にYouTubeなどを活用する場合などは横長のサイズ(16:9)を使用すればよいのです。
Instagramで動画を扱う場合は正方形のサイズ(1:1)のスクエア動画を活用します。
その他のスマートフォン専用の場合は縦長のサイズ(9:16)を活用します。

それぞれの使用目的に合った動画の画面サイズを使いましょう。

この10年でスマホが普及し、スマホで写真や動画を撮るのが当たり前になりました。

スマホぐらいでしかインターネットを見ない人からは、「縦に長いビデオ」のほうが、自然で、見やすいのです。

そして、今、若者や女性の間で人気のSNSにInstagramがありますが、Instagramは基本的に写真も動画も「正方形」でアップするのが基本です。