これはすごい!
業界初のITシステム『SMART Document』に大きな期待をいたします。
助成金や補助金で中小企業の未来を創造するために!

助成金や補助金の申請書類を自動で生成するならSMART Document
株式会社Crold Valieatのプレスリリース
2019年 02月 15日

助成金や補助金の申請書類が自動生成される業界初のITシステム『SMART Document』がついに始動。

助成金や補助金の申請難易度の高まりや代行業の成果報酬の高騰が叫ばれる中、今までの業界とは一線を画すシステムとして期待されています。

助成金や補助金は通常、コンサルティング会社や社会保険労務士と契約し、初期費用、月額費用、成果報酬の総額で約30〜35%が平均相場と言われています。
金額に換算すると、100万円の申請に対しては30~35万円、1000万円なら300~350万円のも費用がかかる計算となります。

SMART Documentでは、この申請に係る労力を全て自動化し、ユーザーが必要情報を入力するだけで申請書類が完成し、ユーザーは申請書類の提出等の手続きを踏むのみで申請が完了します。

更に費用は社会保険労務士の平均成果報酬に対し、平均でも90%以上も低価格で申請することが可能となりました。
書類の自動生成ツールを使用する費用として発生するため、代行ではない点にも注意しておきましょう。

自分で申請するのは不安な企業に向けてはサポートプランが用意されており、月額1980円でメールで質問し放題、月額5980円で電話サポートも用意されており、実質的には1980円でコンサルタントの専門的なサポートが受けられるため、安心して申請することが出来ますね。

今後も複数の助成金や補助金に対応して行く予定とのことなので、随時サイトをチェックしてみましょう。

また、このサイトでは請求書や雇用契約書、社会保険や労働保険の書類については会員登録のみで無料で作成することが出来るようです。
助成金や補助金を使わなくても導入メリットが高くなりそうです。

ジャンル:商品・サービス
業界:IT・通信[エンタープライズ]
掲載日:2019年 02月 15日
タグ:無料 助成金 補助金 自動生成

http://pressrelease-zero.jp/archives/139161