ホリエモンこと堀江貴文さんは、情報発信は動画よりテキストがメインとおっしゃられています。
そこで大内雅司がホリエモンの意見に反対してまで「情報発信はテキストより動画がメイン!」
と言っている理由を述べさせていただきます。

動画は物事を一番早く伝える手段です。文字は読むことが辛いです。

動画を見ると文字を読む必要が無く自然に内容をつかむことができます。

動画が伝える情報量は、文字や音声に比べると何十倍、何百倍となります。

写真と比較しても顔の表情やしぐさなど多くの情報が伝達できます。

※実はホリエモンの意見もよく理解していますけどね。ケースバイケースですよね!

以下

動画メインの現代、テキストコンテンツの運命は? ホリエモン「高所得者が見るのはテキストだよ!」

ホリエモンは、「暇人が多いからね。動画はスマホに最適化されたものが来ると思うけど、テキストは一定数は残るんじゃないかな。というのは、動画は全部見なければいけないから、情報を得るために時間がかかる。3分の動画なら、同じ内容をテキストにすれば1分で情報を得ることができる。
 そういったニーズもあるからね。なので、テキストが残るといっても相手のニーズに合わせて、隙間時間の奪い合いを制したものが残るだろうね」と回答
 昔は圧倒的にテキストがメインだったネットのコンテンツだが、最近は動画コンテンツがかなり増えてきている。質問者はこのままテキストコンテンツは衰退してしまうのかを尋ねたが、ホリエモンはテキストにも一定の需要が残ると考えている。気軽に情報を収集できる動画コンテンツに対して、テキストコンテンツは効率よく情報収集できるという強みがあるからだ。
【引用元:U-NOTE】

 

【無料アフィリエイト・メール講座(特典配布)】