謹んで哀悼の意を表します。
元GIFT松田幸治さんが、平成30年11月21日午後9時30分、中咽頭癌のため永眠されました。
37歳と若すぎる彼の死にご遺族をはじめ多くのファンの方々、私も非常に悲しんでおりますとともに、故人のご冥福を心よりお祈りいたします。
皆様も私も彼ともっと、もっとこれからの人生をお互いに歩んで行きたかった。
今後まだまだ期待のアーティストだった。
私は松田幸治さんが2013年に東京から広島市へ拠点を移してから2016年まで彼のライブの動画をたくさん撮影させていただきました。
2013年4月8日に私が主催して開催した「第1回日韓平和チャリティーコンサート」にも彼には出演していただきました。
彼のご家族や彼を取り巻くファンの方々とも親しくさせていただきました。

最後に
松田幸治さん、
たくさんの思い出を残していただき誠にありがとうございました。

第1回日韓平和チャリティーコンサート2013年4月8日(月)

【お別れ会のご案内】

松田幸治・お別れ会 2018年12月30日(日)12時~14時
会場:本願寺広島別院・安芸門徒会館(共命ホール)

松田幸治ファーストシングルCD「ゆびきり」リリース 2013.4.20

悲しいお知らせ

【お知らせ】
松田幸治は、平成30年11月21日午後9時30分、中咽頭癌のため永眠いたしました。(享年37)
これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。
なお、11月27日に家族葬を親族・近親者のみにより執り行われました。
お別れ会など開催の折には、松田幸治HP、Facebookにてお知らせ致します。
                     松田幸治マネージャー 大森真帆子
(引用元)
松田幸治☆official Web Siteより
http://kouji-matsuda.strikingly.com/

第1回日韓文化交流平和チャリティーコンサート、松田幸治、大内雅司エンディング挨拶

GiFTプロフィール

竹本洋介・松田幸治からなるヴォーカル・ユニット「GiFT」(ギフト)。互いに広島出身、中学時代の同級生による2人組。
高校卒業後、地元での路上ライブを重ねたのち上京し、現事務所に所属。2005年、先輩格にあたるリュ・シウォンに提供した楽曲『桜』が大ヒット(オリコン・チャート2位、2005年日本レコード大賞・大衆賞受賞)して一躍注目を集め、同年10月19日にその原曲である『夕焼け』でインディーズ・デビュー。聴く者の年齢や世代を問わず誰もが感じる懐かしさ、忘れかけていた大切な何かを思い出させてくれるような、彼らの原点と呼べる1曲です。そんな中学の同級生である2人が本格的に音楽活動を始めたのは高1の夏。
「小さいころから同じ景色を見て、同じ空気を吸って、一緒に泣いたり笑ったりしているのが僕たちの強み」というように、歌の中で絶妙に交差するボーカル・パート、温かみのあるハーモニー、その自然なコンビネーションはまさに彼らの真骨頂。

(引用元)
NIPPON COLUMBIA CO.,LTD.
GiFTプロフィール
https://columbia.jp/artist-info/gift/prof.html